壁の汚れの高圧洗浄で苦労したこと

壁の汚れはペンキで付着すると通常の方法では落ちにくく、高圧洗浄にしないと中途半端な状態で残ります。汚れを落とす時は水に圧力をかけると飛散しやすくなり、体に付着しないようにレインコートを付けました。壁は水圧をかけすぎると表面が削り落ちる可能性もあり、かけないように慎重に作業をするために苦労したものです。落書きを消す方法は洗剤だけでは不十分になり、水に圧力をかけて的確に除去しないと内部に染み込んでしまいます。

壁の汚れは事前に検査をしないと水に圧力をかけすぎて逆に傷を付けることもあり、作業員として体験しましたが苦労しました。最近では壁への落書きが多くて高圧洗浄をするための作業員を募集する傾向があり、私自身も体験しましたが最適なタイミングを決めることが重要です。壁の汚れは高圧洗浄をすると表面の汚れを一気に落とせますが、水圧が高いと手首に負担がかかるためうまく調整しないといけないことや手遅れにならないようにしないといけないと思いました。