夏の帰省のときに墓石のクリーニング

配偶者の実家に夏の時期に帰省をすると、いつも行うのがお墓の掃除です。墓地の中の一角にあるのですが、いつも雑草が伸びてかなり汚れてしまいます。通路などは草刈りをしてくれるのですが、奥まったところなので、そこまではしてくれません。まずは草刈り機を使って雑草を刈ってきれいにし、その後墓石の汚れを落としていきます。草が生えて石に覆いかぶさるほどなのと、湿気のあるところのために、石にコケなどが生えていたりしていることもあります。

それでポリ缶に水を入れて持ってきているので、まずは水を石に流し、それからブラシや洗剤などを使ってきれいに汚れを落とします。そして最後にもう一度水を流して石の部分をきれいにします。いつもその作業には2時間くらいかかり、汗だくになるので、できるだけ朝の早い時間に作業を始めるようにして、10時過ぎには終われるように段取りをします。

この帰省の目的の1つである墓石のクリーニングが終わると、ほっとして、やるべきことができた満足感を得ています。